白い歯は、美しい自信 HANIC
TOP ご利用ガイド

薫子社長のおしゃべり日記 バックナンバー

13.今年は “うれしい!”連鎖から始まりました!(3月2日)

年明けからうれしい出会いが…

新しい年を迎えたと思ったら……早3月。
今年もまたバタバタと突っ走る! 気配が濃厚です。様々な分野でのうれしい出会いが多かった昨年に引き続き、今年もうれしい出会いが始まっています。たまたまワインの会で隣り合わせた大変美しい女性のIさん。オスカープロモーション所属のモデルさんですが、私が主催している「手作り化粧品の会」のメンバーの皆様と同窓でいらっしゃいました。そのご縁で、手作り化粧品の会にも参加していただいたばかりか、弊社のハミガキを大変気に入っていただきました。“ビタミンE入りのHCR−Eを使ったら、何と!口臭が消えたの。本当にビックリしました。”職業柄、美容と健康には人一倍気を使っていらっしゃるプロの方から、うれしいお言葉をいただきました。

研究・開発に関しても!

昨年から大学機関と産学連携で、本格的に進めている研究・開発は、自治体のご支援を一部いただいていますが、そのご支援・ご協力の輪が、今年になってまたさらに一つ広がりました。外部の機関や自治体、財団の方々から、私たちが取り組んでいる研究テーマにご賛同いただけることは、大変うれしいことであり、同時に名誉なことでもあります。具体的な研究内容につきましては、まだ公表できませんが、社会に貢献できる “商品“を目指して、頑張ってまいります。

うれしい出会いのために…

これまでバタバタ!と、がむしゃらに?!駆け抜けて来ましたが、その中で出会えた方々に、色々助けていただいたお蔭で、何とかやってこれたのだと思っています。“袖すり合うも多生の縁“。まさにしかり。出会いはまた、新たなうれしい出会いを生んでくれる……精進するのみです。

12.今年は飛躍の年でした!(12月25日)

気がついたら、もう師走…!

春先は順調だった?この日記ですが、またまた忙しいことを言い訳にご無沙汰をしてしまい、気づいたら何ともう師走。子供の頃からの三日坊主の癖はそう簡単には直りませんね(笑)。でも今年は本当に忙しい一年でした。というのも…。

研究・開発に関して、大学とのコラボが実現!

私は営業マンであると同時に商品開発や研究にも携わっておりますが、6月頃から、研究員としての「私」が本格稼働し始めることになったのです。10年ほど前から行ってきたある研究に関して、さらに研究・開発を推し進めるために、弊社研究室と3つの大学とがコラボすることになりました。正に、“夢のコラボ”で、大変貴重な出会いでした。そして、この研究がきっかけとなり、世界各国のバイオ関連の企業や研究機関が参加するアジア最大級のイベント「Bio Japan 2014」(10/15〜10/17)にも出展させていただきました。

一年を振り返って…。

いつも前だけを見てきましたが、今年はちょっと一年を振り返ってみようと思います。例年以上にうれしい出会いが数多くありました。上述のように3大学の先生方との出会い、「Bio Japan」でお目にかかった世界各国の企業や研究機関の方々、弊社の研究・開発に賛同し、支援して下さった方々、新規開拓できた営業先の方々や勉強熱心なバイヤーの方々、弊社の「歯のご相談室 ホワイトラボ」 に来て下さった数多くのお客様。特に、お客様とは弊社の商品を通して、そして歯のご相談を通して、いかに白い歯を求めていられる方が多いかがよくわかりました。これまで、メーカーとして、製販一貫体制で頑張ってきましたが、今後はさらに社会に貢献できるモノ作りを目標に、研究・開発部門でも前進できるよう社員一同頑張ります!来年もよろしくお願いいたします。 みな様、良いお年をお迎え下さい。

11.勉強熱心なバイヤー様にお会いしました!(4月14日)

Iバイヤー様が来社されました。

先日、取引先大手ドラッグストアのバイヤー様が来社されました。バイヤー様が直接、私どものような小さなメーカーに来て下さるなんて、珍しいことだと思います。お忙しい方なので、お時間をいただくのも15分位が限度と考えていましたが、結果的に2時間にも及び、オーラルケアについて専門的なお話ができました。先超ですが、Iバイヤー様は口腔衛生に関して知識が豊富で、かなり勉強していらっしゃるのがわかりました。頭が下がります。本当に親身にお話しいただき、心強く感じました。ありがとうございました。

決意を新たに…。

社長兼営業マンでもある私は、日々、自社製品のPRと営業に走り回っていますが、同時に研究・開発にもかかわる立場から(実は、私は3つの顔を持つ女?なのです!)、正しいオーラルケアについても皆さんに伝えていきたいと常々考えています。それが弊社の商品を正しく理解していただくことへ繋がることにもなると信じているからですが、Iバイヤー様とお会いして、改めてその気持ちが強まりました。

PCだけに頼らないコミュニケーションを目指して…。

PCの普及によって、仕事の進め方が大きく変わるようになって20年。いつの間にか、電話やメールだけで用件を済ますのに慣れてしまいました。勿論、それでもコミュニケーションが取れないわけではありませんが、やはり、人と人とが会って話すことに優るコミュニケーションはありません。これからも1社でも多くのバイヤー様とお会いしてお話ができるよう、頑張ります!バイヤー様、よろしくお願い致します。

10.桜と雛祭り(4月3日)

桜が咲きましたね…

日本が最も美しい、桜の季節になりました。当社近くの千鳥が淵の桜は、 夜になるとライトアップされ、昼とはまた違った幻想的な雰囲気を醸し出しています。今が満開の桜、あと何日見れるかしら…。

4月3日の雛祭り?

ところで、皆さんのお家では、雛祭りにお雛様を飾られますか? 私は毎年、家で飾っています。娘はもう成人し独立しているので、小さい頃のように娘のために飾るというより、私自信が年に一回、お雛様に会うのが楽しみなのです。
一般的に、雛祭りと言えば3月3日ですが、地域によっては4月3日に祝う所もあるようです。新暦で祝えば3月3日−桃の節句、旧暦で祝えば4月3日−桜の節句となるわけでしょうか。実は、私の家は東京ですが、4月3日頃までお雛様を飾っています。今年は、オフィスに飾りました。すると、ご来社された方々皆さんが一様に感激され、昨今、忘れがちになっている日本の伝統行事の大切さを再認識しました。

散りゆく花に…

今年もそろそろ、お雛様をしまう時がやって来ました。来年までしばしのお別れです。桃の花ともお似合いですが、満開の桜とお雛様もなかなか素敵です。花の命は短くて…今夜は散りゆく桜と来年までお別れのお雛様に、そっと一人で乾杯です。

9.頑張った人の“笑顔”は素晴らしい!(2月26日)

何と半年ぶりでございます。
そして、ソチオリンピックも終わり…

忙しいことを言い訳に大変ご無沙汰をしてしまい、何と気づいたら2月も終わろうとしています。2月と言えば、ソチオリンピック…素晴らしかったですね!私は毎日眠い目をこすりながら、日本選手の活躍に声を枯らして応援していました。最年少メダリストや最年長メダリストの誕生、初の金メダルに日本中が湧きました。それにしても、頑張った選手の皆さんの笑顔、素敵でした。

白い歯で是非、夢を実現して下さい…

笑顔と言えば、お客様から、“歯が黒いので思いっきり笑えない。歯を白くしたい”といったご相談をよく受けます。先日も、1本だけ変色した差し歯があるという若い男性から、“明日オーディションなので、今すぐ差し歯を白くしたい。”と、切羽詰まった様子でお電話をいただき、急遽、ご来社いただきました。(弊社オフィスは歯のメイクサロンを兼ねております。)
男性は芸能・ファッション関係の仕事を目指していらっしゃる日本在住の外国の方で、歯はホワイトニングされていて真っ白でしたが、黒っぽく変色した1本の差し歯のために、人前で口を開けられないというのです。そこで早速、弊社商品で歯を白く見せる歯のメイクアップ方法をご紹介したところ、“よかった!これで大事なオーディションで笑顔を見せられる”と、曇っていた顔色も晴れやかに、大変喜ばれました。

笑顔は人を幸福に…

晴れやかな笑顔は、周囲の人たちをも幸福にします。ソチオリンピックに出場した選手の皆さんのベストを尽くした後の笑顔に、私たちは勇気と感動をもらいました。私も頑張ったら、神様から何かプレゼントをいただけるかな?なんて…冗談はさておき、毎日地道に努力を重ねていけば、きっと良いことがあると信じて、私も頑張ります!

8.青森・ねぶた祭りで元気をいただきました!(8月21日)

皆さん、すっかりご無沙汰をしてしまいました。

お盆を過ぎても暑い毎日ですが、皆さんお元気ですか?さて、私、初めて、東北三大祭りの一つ、青森県の「ねぶた祭り」(8月2日〜7日開催)に行ってまいりました。弘前、青森、五所川原の3会場を3日間にわたり見学しましたが、とにかく、素晴らしくて大感激!

その理由は…

ダイナミックな山車、 “ラッセーラ、ラッセラッセラセーラ”の掛け声。毎年300万人もの人々が集う、青森県の観光行事「ねぶた祭り」ですが、東日本大震災後は、県人のみなさんが、子供からお年寄りまで、勿論若者も、以前にも増して固く一丸となって、復興を祈念しつつ、地域の文化・伝統を守っていくとのだという強い熱意と真摯な思いが伝わるお祭りになったように感じます。その“熱い思い”に感激し、そしてたくさんの元気をいただきました。因みに、弘前では、「ねぷた」祭りと呼ばれ、掛け声も“ヤーヤドー”で、地域毎に特徴があるようです。

当社も「ねぶた祭り」に参加!?

実は、今春、「ねぶた祭り」をパッケージにした、リンゴ味のハミガキを当社で製造させていただきました。このハミガキには、鮭鼻軟骨の主成分“プロテオグリカン”という高純度の美容成分が入っていますが、現在、プロテオグリカン事業は弘前大学を中心に青森県全体で産学官共同研究が進められ、応用分野の広い素材として期待が非常に高まっています。地元の方々からも好評をいただいた「ねぶた」ハミガキ。違った形ではありますが、当社も「ねぶた祭り」参加させていただき、嬉しい気持ちで一杯です。

7.今、話題の“動ガール”さんと初対面!‥‥(2月22日)

皆さん、“動ガール”ってご存知ですか?

昨秋あたりから、新聞やテレビで、“動ガール”という言葉を目にすることが多くなりました。これまでも、“山ガール”や“仏像ガール”など、色々なガールさんが社会現象になってきましたが、今、新たな注目を集めているこの“動ガール”の中で最も人気なのが、自分が化粧する姿を投稿する動画だそうです。

“動ガール”さんの勉強会に行ってきました!

モデルや女優さんではなく、一般の女性が自分でメイクする様子を撮影した動画を投稿する‥‥なんて、少し前なら考えも及ばなかったことだと思います。やはりスマートフォンの普及で動画の投稿が手軽になったからでしょうか。“動ガール”さんが急増しているようです。そんな動ガールさんが集まるメイクの勉強会で、当社の歯のマニキュアを紹介させていただきました。
動ガールさんは、実に、自分を美しく装うことにたけた、勉強熱心な方々ばかりです。最初は、うまく塗れない方もいらっしゃいましたが、コツがわかると、「歯がきれいでないと、せっかくのメイクが映えないですから、仕上げに歯のマニキュアがいいですね。」と大変喜ばれ、紹介した私もうれしくなりました。また、皆さん、メイクの観点以外からも、歯の健康についての関心度が高いこともわかりました。

元気な“ガール”さんのパワーで日本を元気に!

それにしても、昨今の“ガール”さんのパワーってすごいですね。“山ガール”も、“仏像ガール”も、そして“動ガール”も、皆さん、これまでの常識に、良い意味でとらわれず、現代的な目線で、それぞれ自由にその世界を楽しんでいらっしゃる。頼もしい限りです。そんな彼女達のパワーで、日本を元気にしてほしいなと思います。さて、次に話題になるのはどんな“ガール”さんでしょうか。楽しみです。

6.2013年、うれしい出来事からスタートしました! (1月18日)

2013年、新しい年が幕開けしました。今年はどんな年になるのか…
“乙女”?!のように、期待と不安がいっぱいです(笑)。

さて、昨年末からのうれしい出来事が、今年も続きました。お正月早々、名古屋に住む友人のIさんから久しぶりにうれしい電話があったのです。“薫ちゃん、あなたの会社の商品を生協のチラシで見たわよ。すごいわね…。歯のマニキュアとペーパー歯みがきよ。” 彼女は、いつも生協さんから日用品をはじめ、化粧品や身の回りの物を購入しているようで、生協さんでお取り扱いされているものに絶大の信頼を寄せているそうです。当社の歯のマニキュア「ハニックDC」とペーパー歯みがきも一昨年から徐々にお取り扱いいただくようになり、お陰様で、特に歯のマニキュアをお買い上げいただくお客様が増えました。やはり皆様、“白い歯”に大変関心をお持ちなんだと思います。

年明けから手前味噌の話になってしまいましたが、今年は、当社の看板商品である歯のマニキュアを中心に、これまでの販売ルートをさらに拡充していきたいと考えております。皆様にうれしいご報告が出来ますよう、社員ともども頑張りますので、どうぞ、ご期待下さい。

5.今年もたくさんの出会いがありました。(12月21日)

今年もたくさんの嬉しい出会いが…

今年も残すところ、あとわずかとなりました。あっという間の一年でしたが、今年は、これまで以上に多くの方々と知り合うが出来ました。学生時代の先輩や友人からのご紹介、趣味の音楽やゴルフを通しての出会い、手作り化粧品の輪など、素晴らしい、嬉しい出会いばかりで、すべて私の活力の源となりました。

研修会の講師を頼まれて…

そして、今年最後?にまた、嬉しい出会いがありました。ひょんなことから、ある会社の社長Mさんから、社員向けの研修会で講演を頼まれたのです。何故、私が? Mさん曰く、「我社は接客業。笑顔が大事ですから、以前から御社の歯のマニキュアに興味を持っていました。社員に紹介したいので、説明に来ていただけませんか」というのです。当社の製品作りのコンセプトも、“笑顔に自信を持って毎日を楽しんでいただくために”です。少しでもお役に立てればと、お引き受けしました。“こんなに歯が白くなる!”、“簡単にできるんですね”と、社員の皆さんには大変喜んでいただきました。

笑う門には、福来たる!

他人に対していつも笑顔で接することって、本当に難しいと思います。コミュニケーション能力が必要でしょうし、気持の余裕も必要でしょう。そして、何よりも自分の歯が黒かったり、黄色かったりすると、知らないうちに人前では笑わないとか、口元を手で隠すとか、結果的にネガティブになってしまいます。自分の笑顔に自信が持てれば、何事に対してもポジティブに行動でき、嬉しい出会いを導いてくれる…私はそんなふうに思うのです。“笑う門には、福来たる” で、みなさま、どうか良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

4.手作り化粧品の輪…(11月13日)

“手作り”でつながる友達の輪

前回、自分の肌に合った化粧品を手作りする「手作り化粧品の会」についてお話しさせていただいたところ、“前から興味があったので、是非、私も参加してみたい”と、この日記を見た私のお友達のお友達から電話を頂戴いたしました。そして早速、ご一緒にお集まりいただいたのが、お料理好きな仲間の皆さんです。さすが!お料理がお得意な方々。皆さん化粧品作りは初めてなのに、実に手際よく、楽しそうにお作りになられていました。

友達の輪 がさらに…

次にお集まりいただいたのは、20代の女医さんたちのグループです。お料理好きのグループのお一人が、お嬢様に話されたのがきっかけで、職場のお仲間と参加されました。 “中に入れる成分もちゃんとわかるので安心ですね。作る過程も楽しかったし、何よりも使うのがとても楽しみです。”と、ご自分で作られた化粧水をうれしそうにお持ち帰りになられました。

大きく広がる手作り化粧品の輪

このように、お友達がまたそのお友達のお仲間を呼ぶといった形で、手作り化粧品の輪が広がっています。“本当は、手作り化粧品のことは自分たちだけの秘密にしておきたいけれど、作る楽しさや使う喜びを考えると、もっと多くの女性たちにも知ってもらうべき”と、ご参加者から後押しいただき、このたび、当社ホームページ内に、「手作り化粧品教室」の紹介ページを作りました。ご興味のある方、是非、ご覧になって下さいね。

3.人の「手」って、素晴らしいですね…!(8月28日)

手料理でリフレッシュ!

お盆休みも終わり、帰省していた人たちが都市圏へ戻り、街はまた活気を取り戻しました。忙しいことを理由に、普段、料理をさぼりがちな私ですが、このお盆休みは少し頑張って、家族のために色々な手料理を作りました。特に凝った料理はできませんが、いつも、プラスひと手間と愛情をかける(笑)! ように心がけています。みんな、黙々と食べてくれて、作った私もリフレッシュできました。

手作りといえば、実は…

「ハニックのハミガキは、コシがあって磨きやすい。味も良い」と、当社のハミガキをお使いいただいた方からよく言われます。うどんやそばならともかく、ハミガキに“コシがある”? 多分、“弾力性があって、水っぽくないから、しっかり磨ける”といった感じかと思います。実は当社では、ハミガキを手作りに近い形で製造しているのです。通常、ハミガキの製造にあたっては、大きな製造窯の中の原料を機械が自動的に練り充填していきますが、当社では、小さめの製造窯を使用し、製造担当者が原料の状態を確認しながら、じっくり練るという一工程を加えています。そうすることで、弾力性が出て、少しの量でもしっかり磨けるハミガキが出来ます。小さな企業のこだわりのひと手間ですが、お客様に喜んでいただけると本当に作り手冥利に尽きます。

化粧品も手作り!?

“実は…”ついでに、もう一つ。実は、私、手作りコスメの会を開いています。 自分の肌に合った化粧品を自分で作る会です。会員の方々には、定期的に、一番町のお客様サロン「ホワイトラボ」にお集まりいただき、化粧水、美容液、クリーム等、毎回1アイテムを作り、お持ち帰りいただいています。皆さん、気の合ったお仲間なので、和気あいあい本当に楽しそう。自分で作るので、どんな成分がどれだけ入っているかがわかり、安心して使用でき、手間をかけたものなので大事にし、お手入れもこまめにするようになり、結果的にお肌の調子も良くなり…と、まさに、「人の手」は人の心を豊かにするマジックハンドです。

2.笑顔の美しい花嫁さんに会いました…!(6月26日)

ジューンブライド

6月に入り、梅雨空が続くようになりました。6月と言えば、私はすぐに「ジューン・ブライド(6月の花嫁)」という言葉が頭に浮かびます。日本では、この時期は梅雨の真只中ですが、ヨーロッパでは、一年中で最も雨が少なく、良い天気が続く時期で、古くから“6月に結婚すると幸せになれる”と言い伝えられています。 いつの頃からか、日本でも“6月に結婚したい”と考える女性が多くなりました。

花嫁さん、あきらめないで…!

結婚式は、純白なウェディングドレスや白無垢に身を包んだ花嫁が幸福に満ち溢れ、最高の笑顔になれる瞬間です。最近では、この日のために歯のホワイトニングをする女性が増えているそうです。白いドレスや白無垢を着る時は、メイク(ファンデーション)も明るめにするので、普段以上に歯が黄色く見えてしまいがち。人生最高の舞台で、きれいにドレスアップしているのに、歯が黄色いなんて残念ですから。それなのに、歯医者さんから“あなたの歯はエナメル質が薄いからホワイトニングできない”と言われる方が、いらっしゃるようです。そんな方に、私は、声を大きくして言いたいです。“あきらめないで!歯の化粧品がありますから。”と。なんだか自社商品の宣伝になってしまいましたが、心底そう思っています。

第二の人生はステキな笑顔あってこそ…

この間、友人のM子さんの披露宴へ行ってきました。M子さんは、実は再々婚なのですが、うらやましいくらい幸せそうで、チャーミングな笑顔と真っ白できれいな歯が印象的でした。とても私と同じ50代には見えません!(笑)。“彼女が若くてきれいなのは歯が白いから? 勿論、もともときれいだったけれど”、などと思わず呟いてしまいました。 結婚式を控え、歯の色で悩んでいる花嫁さん、是非、私どものお客様サロン「ホワイトラボ」にいらして、歯の化粧を試してみてください。勿論、どなたでも大歓迎です。事前にご連絡いただければ、私が上手く塗れるようお手伝いさせていただきます。歯の悩みが解消され、きっと、梅雨の晴れ間のように、何物にも代えがたい爽やかな気分になれると思います。

1.嬉しいメールが届きました…!(4月17日)

こんにちは、ハニックスの浦井薫子です。スタッフの声に押され、ついに、このコーナーがスタートします。といっても、怠け者の私のこと、三日日坊主になりそう…でも長く続けるコツは、あまり頑張り過ぎず、おしゃべりしたいときにおしゃべりをすればよいと、勝手な理屈をつけています。

さて、今朝、嬉しい御礼メールをいただきました。米国在住の日本人女性Sさんからです。実はSさん、1週間ほど前に帰国された際、当社お客様サロン“ホワイトラボ”に突然立ち寄られました(地図と雑誌を握りしめ、思い詰めたような玄関での表情が印象的でした)。
Sさんは、アポなしの突然の訪問に恐縮されながら「私、歯を白くしたいんです!この雑誌に紹介された商品を買いたいんです!」と強く訴えられました。

お話を聞くと、元々歯の象牙質の黄色味が強い上、年齢と共に黄色味が増したのが悩みの種。周囲の米国人がみんな白い歯で笑っているのに自分だけナゼ?と、人前では一切笑えなくなってしまったと悲しい顔をされました。
しかも、若い時から喫煙者で、研磨力の強いハミガキで長年ゴシゴシと磨いたため、歯表面のエナメル質が薄くなっているそうです。

もちろん、歯のホワイトニングの本場アメリカにお住まいなのでトライされましたが、歯医者さんに「あなたの歯はエナメル質が薄いのでホワイトニングはできない」と言われてしまいました(そもそも日本人は、欧米人と違って、歯のエナメル質が比較的薄いため、誰もがホワイトニングできるとは限らないのです)。そんな時、日本の友人から送られた雑誌に出ていた当社の“歯のマニキュア”を偶然知ったのだそうです。

これまでも歯の色でお悩みの方が突然ホワイトラボを訪れて相談されることも数多くありました。そんな中でも、Sさんの喜び様はダントツ!1本の歯にマニキュアを塗った途端、「まあ白い!これです!これで笑えます!」と言って、私にハグされたのです。
メールによれば、帰国後は毎朝“ハニックDCアクア”を口紅感覚で使い、お友達との会話も積極的に楽しんでいるとのこと。こんな声を目にする・耳にする、その時が私の至福の瞬間です。

pagetop

Copyright(C) 2015 Hanic White Labo All Rights reserved.