白い歯は、美しい自信 HANIC
TOP ご利用ガイド

歯のマニキュアとは

白い歯は、ステキな笑顔の基本!…だけど
・メイクをしても、顔がくすんで見える!?
・歯が気になって、元気よく笑えない!?
・口元を手で隠すようにして会話してる!?
・健康的でイキイキした表情にならない!?
・毎日歯みがきしているのに、白くならない!?
少しでも思い当たることありませんか?――白い歯が、魅力的な表情づくりに大切だとわかっていても、自分でできるのはキチンと歯みがきすることくらい。専門クリニックでホワイトニングという手もあるけれど、費用も時間もたいへん……。ということで、あきらめかけていませんか。
磨いても白くならない歯があるんです!
(1) 天然の歯色は人によって異なります。
図のように、歯の色とは、エナメル質(半透明)を通して見える象牙質の色なのです!
歯みがきは、エナメル質(半透明)の上から磨くだけなので、生まれつき象牙質の黄色味が強い歯、抗生物質などで変色した歯は、磨いても白くなりません。
〈磨いても白くならない歯のタイプ〉
もともと黄色味が強い象牙質の歯
斑状歯(色がまだらになっている歯)
神経を除去して黒く変色した歯
抗生物質によって変色した歯
(2) 加齢によっても、歯は着色していきます。
歯の着色の主な原因は、飲食物やタバコ。例えばカレーなど色の濃いものは色素が歯に付着します。
とくに紅茶、コーヒー、赤ワインなどは歯磨きしても落ちにくいです。
これらは、喫煙などによって、蓄積されて、さらに落ちにくい黄ばみとなります。
加齢によっても象牙質の黄色味は濃くなります。
しつこいヤニ・汚れ落としは、専用ハミガキのハニッククリーム(詳しくはこちら)がおすすめ。
歯のマニキュアなら、いますぐ白く!
磨いても白くならない歯に塗るだけで、すぐに魅力的な白い歯になります。
使い方もカンタン!ハケでサッと塗って乾かすだけの手軽さです。
持続力にもすぐれ、食事をしても白さをキープできます(個人差があります)
落とすのもカンタン!通常の歯みがきをするだけです。
さらに虫歯菌(ミュータンス菌)から歯を守ります。 虫歯菌から歯を守る効果
(個人差があります。)
豊富な歯のマニキュア・ラインアップ!
世界で初めて※歯のマニキュアを開発した(株)ハニックスは、その高い品質と信頼性に加え、品揃えも充実!
※1964年に、化粧品として厚生省の許可を取得、同時に日本、欧米の特許も取得。
ボトルタイプとペンタイプ(スティックタイプ)の2種類のラインアップの中から、お好みやライフスタイルでお選びください。
詳しくは商品名をクリック。
ボトルタイプ ペンタイプ(スティックタイプ)
ハニックDCシリーズ ホワイトクィーン
DXハニック
ハニックフォーメン(男性用)
ハニックDCpro EXシリーズ
歯のマニキュア塗り方はこちら


pagetop

Copyright(C) 2015 Hanic White Labo All Rights reserved.